ミスター ガラス スプリット

ミスター スプリット

Add: uqudawi65 - Date: 2020-12-11 12:41:52 - Views: 5382 - Clicks: 275

(C)Universal Pictures All rights reserved. ミスターガラスはスプリットの続編ですか? アンブレイカブルとスプリット、両方の続編です。時系列的にもアンブレイカブル→スプリット→ミスター・ガラスと見ると話が繋がる様になっています。アンブレイカブルとスプリットの知識無しに見ると訳分かんないと思います。アンブレイカ. 『ミスター・ガラス』年1月18日(金)より、全国ロードショー! 映画はこの2人の男の対立と協調を追いながら、それぞれの過. ミスター・ガラスは、大きい方はスプリット、小さい方は字幕ですが、逆に言えばサミュエル・l・ジャクソンでも使えるので良かったです。 あと、字幕のアンブレイカブルがミスターガラスしていて、シャマランでもらったネタバレのほかに欲しかったです。.

『ミスター・ガラス』は、シャマラン監督が18年越しで放つ、『スプリット』を経由した『アンブレイカブル』の完結編となります。 『ミスター・ガラス』観賞前に、前2作はチェックしておいた方が良いでしょう。 映画『ミスター・ガラス』のあらすじ. 精神病院に収容されてしまったダンとケヴィン。それぞれの部屋には監視カメラが設置され、ケヴィンの部屋には強制的に人格を入れ替える照明装置が、ダンの部屋には彼の唯一の弱点である水が放水される装置が設置されていました。反抗したり暴れたりするとそれらの装置が作動し、2人を抑え込むのです。 ミスター ガラス スプリット エリーはケヴィンの中の多くの人格と会話をし、ダンの脳のMRIの撮影を行いました。彼女の目的は、ダンやケヴィン、そしてイライジャのように、自らが超人的な能力を持っているヒーローであると思い込んでいる人々の治療でした。彼らから妄想を取り除くことができれば、施設から出すといいます。 2人の収容から間もない日、とある部屋にダンとケヴィンが集められます。そこには巨大な照明装置も用意されていました。 そこへ、車椅子を押されてイライジャもやってきました。ここでダンは初めて、イライジャも同じ施設にいることを知ります。しかしイライジャは、長年の鎮静剤投与の結果、15年前とは別人のように、首を傾けて一点を見つめたまま一言も発さず、エリーやその他の従業員の問いかけにも応じません。3人を集めたところでエリーは改めて、彼らの超能力は全て妄想であり、原因は精神疾患ではないかと話します。ダンにはMRIの画像を見せ、前頭葉の損傷が見つかったと言います。この損傷が15年前の列車事故によるものであると思われると言います。ケヴィンの中の女性の人格「パトリシア」には、「ビースト」は獣ほどの力は持っておらず、動物園の檻を折り曲げたのも、ショットガンで撃たれても平気だったのも、当時の環境が要因であると推測します。「パトリシア」は動揺し、ダンもエリーの推察に迷いを見せます。イライジャは、変わらず黙ったままでした。 ジョセフはエリーに父親の解放を求めますが、却下されます。一方、学校でケヴィンの逮捕・施設収容を知ったケイシーは、施設を訪れケヴィンと面会します。9歳の少年「ヘドウィグ」などと会話をしたケイシーは、かつての、自分と同じように虐待を受けていたケヴィンに同情し、彼の体に触れます。すると、本来のケヴィンの人格になり、会話を果たします。その様子を見ていたエリーは、ケイシーに治療の手助けを願いますが、ケイシーはそれを断りました。. フィラデルフィアで131人もの死者を出す列車事故が起きます。 この凄惨な事故から唯一無傷で生き残った男がいました。その男こそデヴィッド・ダンという警備員でした。 そんな彼の前にミスター・ガラス=イライジャが現れます。 極度のコミック信者で、この世にヒーローがいることを信じてやまないミスター・ガラスは、生まれながらにして骨が脆く、過去に数十回の骨折を経験していました。 ミスター・ガラスは自分の対極に位置する不死身の肉体を持つヒーローが必ずいると信じていました。 そして列車事故から無傷で生き延びたダンこそ、そのヒーローだと確信していました。 ミスター・ガラスの言葉を受けたダンは、過去に病もケガも体験していたことがまったくなかったのです。 そして自ら強靭な肉体と驚異的な力を持っていることに目覚めます。 さらにダンは触れた人間が犯した罪を感じ取る能力にも目覚め、ひそかに自警者(ヴィジランテ)としての活動を始めます。 ヒーローの誕生に喜びを隠せないミスター・ガラスですが、ダンが彼に触れたことで、ミスター・ガラスがヒーローを探し求めるためにダンが遭遇したような事故を起こしていたことを知りました。 全てを知ったダンはミスター・ガラスを精神病院に送り込みました。. その16年後に公開された『スプリット』は、誘拐事件の被害者として、どことも知れぬ場所に監禁されている3人の女子高校生のパートと、その犯人である多重人格(スプリット・パーソナリティ)の青年が、精神科の主治医と面談を重ねるパートの、2つの流れで構成されている。主人公は誘拐された少女の1人、ケイシー(アーニャ・テイラー=ジョイ)。誘拐犯ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)には23人分の架空人格があり、そのうち6つが目まぐるしく交替で出現する。担当医のカレン・フレッチャー博士(ベティ・バックリー)は、彼が凶悪な犯行を実行中であることに気づいていない。 誘拐犯で23もの人格を持つケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)。潔癖症の青年、9歳の少年、女性人格などの人格を抱え、現れた人格によって体型や体質まで驚異的に変化する。 ©Universal Pictures All rights reserved. See more results. ミスター ガラス スプリット See full list on hm-hm. ミスターガラス シャラマン アンブレイカブルとスプリット シックスセンス 登場人物 シャマラン監督 多重人格 特殊能力 サミュエルジャクソン スプリットの続編 ブルースウィルス シャマランらしい アンブレイカブルの続編 スプリットに続く ネタバレ. ※全番組が対象ではありません。 ※視聴にはログインが必要です。 WOWOWメンバーズオンデマンド “いつでも・どこでも”楽しめるテレビ会員限定の番組配信サービス スマートフォンまたはタブレットでご利用の場合は専用.

。 *劇場公開後の追記として、「結末までのあらすじ」が「感想と評価」の後にあります。. ミスター・ガラスが、自分たちが亡き後にまで仕掛けていた周到な計画。 彼らの結末は、驚きと言うよりもあまりに悲し過ぎる。 「スプリット」でフレッチャー医師が言っていた、彼女亡き後に仕事を引き継ぐ筈だったボルチモアの医師はどうしたのか?. 『ミスター・ガラス』と名付けられたイライジャは、 ディヴィッドの通報により逮捕されて、精神病院へ閉じ込められた。 『アンブレイカブル』意味は『破壊不可能』デヴィッド・ダンを指している。 『スプリット』. *以下のあらすじの後半にはピンク色表示の部分はネタバレが含まれています。閲覧をする場合はユーザーさんの判断の上お読みくださいますよう、ご注意ください。 精神病院に収容されていたミスター・ガラスは見た目には鎮静剤の作用で、まさに生ける屍状態でしたが、それはあくまでも演技で、自分のヒーローへの願いを実現させるために雌伏の時を過ごしていました。 一方、病院に収容されてきたダンとケヴィンに対してステイプル博士は、不死身の肉体も“ビースト”あくまでも自分の思い込みと偶然の産物だと言って否定します。 ダンの息子やケイシーは、二人の超人性を訴えますが博士葉受け入れません。 そして、危険な3者同時面談が行われ、特にダンは自身の能力に疑問を抱いてしまいます。 従順な患者を演じ続けてきたミスター・ガラスは、ダンとケヴィンが病院に揃った今こそ絶好の機会として行動を起こします。 ケヴィンの中にいる“ビースト”をたきつけて脱走に成功したミスター・ガラスは、新たにオープンするビルに入っている化学会社を爆破するとダンに宣言します。 力を信じなおしたダンは高鉄の扉をこじ開けて脱走。 病院の前にてダンと“ビースト”との対決が始まります。 超人的な力をぶつけ合う二人、そこにはケイシー、ダンの息子、ミスター・ガラスの母、ステイプル博士が駆け付けます。. まず初めに言っておきたいのですが、多分私が期待しすぎてしまったのが一番悪かったんじゃないのかなと思います。前作『スプリット』を見た時はオチを知っていたとはいえやっぱり衝撃的だったんですよね。「この映画実は15年以上前の映画の続編なんだよ」って言われてても見て驚愕できたわけですよ。 それに対して今回の『ミスター・ガラス』はかなり肩透かし喰らった感じです。衝撃のラストなんて一切感じなかった。 ダン、イライジャ、ケヴィンの3人が自分のことをスーパーヒーローだと思い込んでいる精神疾患者だと言い続けてきたステイプルが実は謎の組織の一員で彼らを普通の人間だと思い込ませるため洗脳しようとしていたという第一段階目のオチ。正直、凡庸です。 そしてイライジャの狙いが脱獄でも復讐でもなくヒーローの存在を世間に知らしめることだったということ。個人的には美しいエンディングだと思いますが期待したドンデン返しではなかったです。正直映画を見たほとんどの人がそう思ってるんじゃないでしょうか。 『ヴィジット』や『スプリット』でかつての評判を取り戻したM・ナイト・シャマランでしたが、今作『ミスター・ガラス』を見る限り、やっぱりシャマランはシャマランのままだわ。 ミスター ガラス スプリット でも面白くなかったわけではないんですよね。意外なことに結構アクションシーンもあり、それでいていつものシャマランらしいトーンの映画で単純に楽しめるものだと思います。「M・ナイト・シャマランの映画」という肩書を取ればもっと評価されそうな感じ。 私は元々シャマランの映画が好きです。『サイン』とか『ヴィレッジ』とかのあまり評価の高くない映画も好きなんです。なのでコイツはやっぱりシャマランだわって思わされてもいいんです。それはそれで好きだから。世界規模で昔から暗躍してきた組織が登場したり、これまでと打って変わってスケールが異常に大きくなったことなどに違和感を覚えるところはたくさんありましたが良いんです。シャマランだもん。「シックスセンス」を撮ったシャマランじゃなくて「ヴィレッジ」や「レディ・イン・ザ・ウォーター」を撮ったシャマランだもん。 コミックでいう所のヴィランであるミスター・ガラス。彼の望みは自分たちのような非凡なスーパーパワーを持った人間たちを世間に公表することで、ドクターステイプルをはじめとする組織の人間はそれを阻止しようとしていました。決. 『ミスター・ガラス』 3人の特殊な能力を持つ男が集められ“禁断の研究”が開始された。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン、そして、非凡なiqと生涯で94回骨折した壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス。. “スーパーヒーロー”は、実在するのか? M.

※本記事に掲載する画像は全て『ミスター・ガラス』内のもの ©Universal Pictures All rights reserved. 『ミスター・ガラス』年1月18日(金)より、全国ロードショー! というわけでこれは、誘拐犯と犠牲者の攻防を描いたサイコスリラーとして、まず見応えがある。ケヴィンは実母による凄惨な虐待を受け続けて育ち、そこから逃れるための自衛機能が複数の人格を発生させたと考えられている。自分たちを「群れ (The Horde) 」と自称する彼らが若い女性を犯行対象に選んだのは、彼女たちが苦痛を味わったことがないからだといい、苦痛を知らぬ者は不純であり、生贄にふさわしい、という奇妙な信念が披露される。 実は、ケヴィンの中の3つの人格、パトリシア、デニス、ヘドウィグは、24番目の人格として、「ビースト」と呼ばれる半人半獣のモンスターが存在すると確信しており、それを召喚するために他の人格を封じ込め、人食い生物であるビーストに捧げる生贄として彼女らを選んだのだ。 ここで提唱されるのは、虐待などの強い苦痛を味わった者は、その苦痛によって自らを解放し、未知の力に至ることができる、という思想。「The broken are the more evolved(破壊された者こそが進化を遂げる)」という決めゼリフが出てくる。人の肉体の限界を超えた何か、言うなればアメコミのスーパーヴィラン(超人的能力をもつ悪役)のようなものに変身するというのだ。そして「群れ」は、そのことを何とかして世界中に公表したいと考えてい. ナイト・シャマラン監督による、『 アンブレイカブル 』()と『 スプリット 』()の“その後”を描く最新作『 ミスター・ガラス 』の続編は製作されないかもしれない。.

. 管理室に置かれたオオサカ・タワーの広告と、抜き取られたパーツを見て、エリーはイライジャとケヴィンの計画を悟ります。 施設の前で、ダン、ケヴィンが対峙します。イライジャは「ビースト」に対して指示を出し、ダンと格闘させます。武装チームが到着したところで、ジョセフはケヴィンに、調べていて判明した事実を突きつけます。ケヴィンが多重人格者となる原因となった母親の虐待は、彼女の夫、つまりケヴィンの父親が亡くなったことが原因であったこと。そして父親が亡くなった原因が、15年前にイライジャが引き起こし、ダンが能力に目覚めるきっかけとなった、フィラデルフィアの列車事故の犠牲となったこと。それらを聴いた「ビースト」は、自らの使命がケヴィンを守ることであると言い、イライジャに致命傷を負わせます。続けてダンを、大きな貯水タンクの中へ沈ませます。タンクの中で死闘を繰り広げる2人。タンクが破裂し、大量の水と共にダンとケヴィンは外へ出され、周辺には水たまりができていました。 弱点である水により弱まったダン。トドメを刺そうとする「ビースト」の元へ、ケイシーがやって来ます。ケイシーは彼の体に抱きつき、本来の人格であるケヴィンを呼び出します。ケイシーはケヴィンに対し、意識を強めれば人格をケヴィンがコントロールできるようになるはずであると伝えます。ケヴィンは決心しますが、次の瞬間、どこからか放たれた銃弾がケヴィンの腹部を貫きました。それは、武装チームにエリーが支持をしたもので、撃った者の手首には、小さく黒いクローバーのタトゥーが入っていました。同じ頃、その仲間によってダンは、水たまりに何度も顔をつけられ、さらに弱まっていました。そこへエリーが来て、自身の手を握るように促されます。ダンが彼女の手を握ると、ダンの能力が発動し、エリーの過去の罪が見えました。飲食店で、クローバーのタトゥーが入った集団が集まっていて、その中にエリーもいました。彼女たちの目的は、超能力を持ちヒーローとなりうる人物を抹殺することでした。それを悟ったダンは、絶望に打ちひしがれながら、絶命します。ジョセフは怒りのあまり、エリーの仲間達を殴り、父親の傍で涙を流し崩れ落ちます。ケヴィンもケイシーの腕の中で涙を流し、息を引き取りました。イライジャも母親に見守られながら息絶えます。こうして、エリーとその仲間達の目的は達せされました。 エリ. ミスター・ガラスの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。m・ナイト・シャマラン監督がブルース・ウィリス&サミュエル・l. シャマラン監督による続編『ミスター・ガラス』は、素晴らしい作品になった可能性を垣間見せているが、『アンブレイカブル』と『スプリット. ミスター・ガラス()の映画情報。評価レビュー 1280件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ジェームズ・マカヴォイ 他。『シックス・センス』などのM・ナイト・シャマラン監督が、『アンブレイカブル』の後日譚(たん)を描いたサスペンスドラマ。自分をスーパーヒーローと信じ. 『ミスター・ガラス』年1月18日(金)より、全国ロードショー! M・ナイト・シャマランほど奇妙な映画作家は、これまでいなかったし、これからも出ないのではないか。 2作目以降の全監督作がハリウッドのメジャー配給会社で公開されているにもかかわらず、自身は故郷のペンシルヴェニア州フィラデルフィアから出ず、ほとんどすべての作品がフィラデルフィア市内と近郊を舞台にして撮影されている。 監督作のほとんどが超自然現象を扱ったスリラーで、ほぼすべてがオリジナル企画。脚本は必ず自分で書く。プロデューサーを兼任し、必ずといっていいほど自分の映画に出演している。 1970年生まれのシャマランは現在48歳。『ミスター・ガラス』は13本目の監督作になる。インド系アメリカ人の移民二世で、両親はともに医師。フィラデルフィアの郊外で育ち、ヒンズー教徒だが、キリスト教カトリック系の私立学校で教育を受けた。ニューヨーク大学に進学して映画を学び、22歳で早くも長篇監督デビューを果たしている。 画面サイズはどちらかといえばヴィスタ・サイズが好みのようだが、『アンブレイカブル』『スプリット』『ミスター・ガラス』の三部作はスコープ・サイズで統一されている。彼の今のところ唯一の続篇シリーズでもある。年からデジタル撮影に移行した。 こう書くと順風満帆のようだが、実はシャマランはどん底の時期を経験している。そもそも、自伝的要素の強い作品や、天使、幽霊、フェアリー・テイルなどを題材にした、祈るような静謐な作品が本領のはずだったのに、第3作『シックス・センス』の大ヒットによって、トリッキーなサプライズ・エンディング、どんでん返しの結末を期待されるヒットメーカーと見なされるようになったのが不幸だった。 『アンブレイカブル』のあと、『サイン』『ヴィレッジ』『レディ・イン・ザ・ウォーター』『ハプニング』と、内容の先鋭化と、観客の期待との齟齬がどんどん広がり、ヒット作が出ない時期が続いた。『レディ・イン・ザ・ウォーター』と『ハプニング』はこれはこれで最高傑作と見なしてもいい内容だったと思うが、いかんせん製作規模に比して作者の真意がわかりにくすぎた。 自分の幼い子供を喜ばせるために.

『ミスター・ガラス』年1月18日(金)より、全国ロードショー! 『ミスター・ガラス』は実は、『アンブレイカブル』『スプリット』という2本の映画の続篇である。ここまでの物語の集大成なので、三部作の完結篇と言ってもいいだろう。 『アンブレイカブル』(年) 『スプリット』(年) 『ミスター・ガラス』(年) 監督はすべてM・ナイト・シャマラン。3本とも彼のオリジナル脚本である。劇中でも現実と同じ時間が流れており、『ミスター・ガラス』は『アンブレイカブル』の19年後、『スプリット』の2~3年後の物語になっている。 『アンブレイカブル』は、米東部フィラデルフィア市で、フットボール・スタジアムの警備主任として働く中年男性デヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)が主人公。年齢は明示されないが、40代前半ぐらいに見える(撮影時のブルース・ウィリスは45歳)。 主人公のデヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス) ©Universal Pictures All rights reserved. 『ミスター・ガラス』は、サスペンス・スリラー映画『アンブレイカブル』(年)とサイコスリラー映画『スプリット』(年)の続編となる物語. セリフでミスター・ガラスって言ってるけど、その時は何のことかわからなくて。 わざわざ名札でダンとあるのは、「アンブレイカブル」の主人公のなれの果て・・じゃない、15年後の姿なのね。. ミスター ガラス スプリット あの2作品が奇跡の合体、遂に完結する! 今回『アンブレイカブル』と『スプリット』を見事に繋ぐ、ファン待望の完結編として製作された、この『ミスター・ガラス』。. See full list on finders. ナイト・シャマランが仕掛ける『アンブレイカブル』の“その後”― 『ミスター・ガラス. こちらの映画の監督は、あの「シックス・センス」で一躍有名になったシャマラン監督です。 「ミスターガラス」にどんてん返しがあるかは、まだ分かりません。. 生活でも学校でも人と距離を置いて暮らすケイシー。 偶然、一緒に帰ることになった同級生二人と突然誘拐されてしまいます。 誘拐犯のケヴィンは24もの人格を持つ男でした。 ケヴィンの中には三人に高圧的に人格もいれば、好意的に接する人格もありました。 その真実に気が付いたケイシーたちは、好意的な人格が出てくる局面を利用して脱出を図ります。 ミスター ガラス スプリット 一方でケヴィンの主治医だったカレン・フィッチャー博士は、ケヴィンの反応が変わったことで何かを起こしたのではないかと疑いの目を向けます。 そして、三人の誘拐事件を思い浮かべ、ケヴィンに迫ります。 博士はケヴィン達と22人の人格は24番目の人格“ビースト”を信望していると考えています。 誘拐された三人は、“ビースト”への生贄にされるのではと推察しケヴィンの家を訪ねます。 家で女子高生の姿を見つけたフレッチャー博士でしたが、ケヴィンに捕まり、やがて現れた“ビースト”によって殺されてしまいます。 逃げ出したケイシーたちを“ビースト”が追いかけます。 ショットガンの銃弾の直撃を受けてもひるまない“ビースト”は、鉄格子も捻じ曲げて迫ってきます。 しかしケイシーがケヴィン同様、虐待を受けていたことを知ると彼女だけは解放します。 ケヴィンは複数の人格を持っていることから“群れ”と呼ばれる殺人鬼として報道されます。そのニュースをダンが見ていました。.

ナイト・シャマラン監督が「アンブレイカブル」のその後を描く. 映画『ミスター・ガラス』は、仕掛け以上に物語としての満足感が高い作品です。 早いものでと言いますか、『シックス・センス』から今年で20年が経ちます。 ブルース・ウィリスはそんなに変わっていませんが、子役で登場していたハーレイ・ジョエル・オスメントは若干メタボの入った30代の男性になっております。 20年の間でシャマラン監督は、起伏の激しい監督人生を送りました。 90年代に脚本家としてハリウッドデビューしたものの、脚本をいいように改ざんされる状況に納得できず、監督にまで乗り出します。(ついでに出演もして) そして、1999年に『シックス・センス』を発表します。. 写真左端の人物が監督のM・ナイト・シャマラン ©Universal Pictures All rights reserved.

ミスター・ガラスを精神病院に送りつけて以降も、ダンは息子のアシストを受けてヴィジランテとして活動していました。 目下の標的は女子高生を誘拐しては殺す“群れ”と呼ばれる多重人格の殺人鬼ケヴィン。 やがて出逢ったダンとケヴィン。ビーストと化したケヴィンと不死身の体を持つダンは常人を超越した力を発揮しぶつかり合います。 その後、駆け付けたステイプル博士によって拘束された二人は、精神病院に収容されます。 そこにはあのミスター・ガラスが長期間にわたって収容されている病院でした。 ヒーローは実存するのか? なぜ、ヒーローの存在を信じられるのか?を研究しているステイプル博士は、ミスター・ガラス、ケヴィン、ダンの三人を一堂に合わせ禁断の研究にを開始しますが. . 『ミスター・ガラス』年1月18日(金)より、全国ロードショー! 本作の原題『Glass』を「グラス」でなく「ガラス」と表記する邦題に当初は違和感を覚えたが、実際に作品を観ると『アンブレイカブル』から直結する物語であり、19年前の劇中ですでに「ミスター・ガラス」と訳されているのだから仕方がない。違和感はあっけなく霧散した。 前作から2~3年後、ビーストの出現はなく、「群れ」は新たな生贄を捧げるため、再び誘拐事件を起こす。彼らを追うのが、60代になったデヴィッド・ダン。5年前に妻と死別したが、息子とともに警備装置のショップを経営しながら、密かにヒーロー活動を継続。今では「監視人 (Overseer) 」の名で知られている。 ここからの意外な展開がまず見どころで、「群れ」「監視人」に長期拘束中の「ミスター・ガラス」という三大キャラクターがついに顔を揃え、そこへ前作『スプリット』の主人公だった少女ケイシーも戻ってくる。 デヴィッドの弱点が水なのは、子供時代にいじめを受けプールで溺死しかけたことが原因で、彼もまた超人化のきっかけは虐待体験だったことが判明。ケイシーも前作で描かれた恐ろしい虐待を告発し、今は里親のもとで暮らしている。4人がともに「破壊された者こそが進化を遂げる」の条件を満たしている。 そして、1作目がデヴィッドの物語、2作目がビーストの物語だった以上、今回の3作目は当然、タイトルロールであるミスター・ガラスの物語に決まっている。 ではミスター・ガラスとは一体何者なのか、と考えた時、それはやはりどうしたってシャマラン自身であるという結論になる。どん底の時期を経て復活したシャマランと、19年間、病院で鎮静剤漬けだったミスター・ガラスの境遇を重ねて考えることもできる。 シャマランは自作のほとんどに俳優として出演し、中には驚くほど重要な物語のキーパーソンを演じている場合もある。そもそもデビュー作『Praying with Anger』 (1992・日本未公開)が、自伝的な物語を自身の主演で映画化した作品で、インド系アメリカ人の若者がインドに滞在し、クライマックスでリンチ殺人を止めるためにヒロイックな活躍を見せるのだから、ヒーローを演じることにためらいがあるとは考えられない。. See full list on cinemarche. 【公開】 年(アメリカ映画) 【原題】 Glass 【脚本・監督・製作】 M・ナイト・シャマラン 【キャスト】 キャスト ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・マカボイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、スペンサー・トリート・クラーク、シャーレイン・ウッダード、サラ・ポールソン 【作品概要】 M・ナイト・シャマラン監督がブルース・ウィリスとサミュエル・L・ジャクソン共演で描いた『アンブレイカブル』や、ジェームズ・マカボイ主演の『スプリット』と世界観を共有した3部作とも言えるサスペンス・スリラー映画。 『アンブレイカブル』でデヴィッド役を務めたブルース・ウィリス、ミスター・ガラス役を演じたサミュエル・L・ジャクソン、『スプリット』でケヴィン役を務めるジェームズ・マカボイが続投で集結。.

ミスター ガラス スプリット

email: havit@gmail.com - phone:(477) 347-5267 x 8159

春日部 天気 1 時間 - なかむら

-> 郡山 映画 館
-> ただ ありがとう 歌詞 意味

ミスター ガラス スプリット - エスパー


Sitemap 1

ハットリ くん 実写 -